そばの知恵袋

■創刊号

バックナンバー

 


食べる健康、そばパワー!

そばは、手軽においしく食べられるもっとも身近な健康食です。
もりそば1人前に含まれるたんばく質は牛乳にほぼ匹敵。植物性たんばく質のなかでもとても良質な必須アミノ酸を多く含んでいます。
またビタミンB郡の宝庫で、日本人に不足しがちなB1・B2の含有量は米や小麦粉の約2倍。食物繊維も白米の2・5倍。さらに、血液をサラサラにし、高血圧、動脈硬化などを予防するルチンも含まれています。ルチンは水に 溶け出す性質があるので、ゆで汁が重要。食後のそば湯をおすすめします。

 

 

 

なぜ、大晦日にはそば?

年越しそばは、「歳取りそば」「大年そば」「大晦日(おおつごもり)そば」とも呼ばれ、江戸時代中期頓にはすでに歳末の習わしとされていたようです。由来には、細く長く家運・寿命を伸ばすという説や、切れやすいので1年の苦労や厄災を切り捨てるという説、金銀細工師が飛び散った金銀の粉をかき集めるのにそば粉を使っていたことから、金を集めるという縁起を担ぐという鋭など、他にもいろいろな説があります。

 

 

そばとうどんの始まり

そぱ店の発祥は江戸時代の初期項、うどんは室町時代にはすでに今と同じ製法で作られていたようです。起源は明かではありませんが、うどんの歴史はそばよりも古く、江戸時代初期の東海道をはじめとする各街道筋の茶屋でも、うどん・そうめんが主流でした。そばが主流になり始めたとされるのは、安永の項(1772?81)。江戸の夜鷹そば、上方の夜鳴きうどんもこの頃に登場。関東と関西の麺の好みの違いも、この頃から始まるのかもしれません。