三遊亭 司の「日日是遊有」

第三十三回「東京の中の小さな旅。」

東京とひと口に言っても、とても広い。

野へ山へといったこの季節、この広い東京のなかでも、郊外にふらりと行くの はどうだろう?たとえば、青梅あたり。

一時間半ほど電車に揺られてホームに降りたつと、山が迫りすこしひんやりとした澄んだ空気。もう、小さな旅の気分だ。

古い街並みのあちこちにある映画の看板は、当時映画館があった自分の看板絵師による、手描きのもの。

ちいさな旅は、昭和へのタイムスリップでもある。

 

Read Users' Comments (0)

カテゴリ三遊亭司の「日日是遊有」 | 2014. 10. 02. 12:15 |
三遊亭 司のプロフィール