三遊亭 司の「日日是遊有」

第八回目「つかの間の避暑地 等々力渓谷」

等々力渓谷今年も猛暑に節電の夏。
と、こうきたら、涼をもとめて渓谷へ…といっても奥多摩辺りなんぞでなく、東京23区は世田谷区の『等々力渓谷』へ。

等々力渓谷は谷沢川の浸食でできた、深さ10メートルながられっきとした渓谷。そのうえを環状八号線が通るのも実に東京らしい。

大井町線等々力駅を出てすぐ、脇の道へ入ると渓谷へとおりることができる。等々力渓谷
この日も30℃を超える夏日ながら、渓谷へ降りると常緑の樹々をわたる風がここちよい。いや、涼しい。

谷沢川をはさんだ、授業でおなじみ関東ローム層など何層もの岩肌からは水が湧き、湿地をつくる。

等々力渓谷しばし暑さを忘れて川沿いをゆくと、不動の滝が涼やかにしぶきをあげる。このとどろくしぶきの音からついた地名が、そう等々力。滝の横から石段をあがると等々力不動の境内に出る。

喧騒もとどかない谷底からあがると、そこは車がひっきりなしに行き交う環状八号線。まるで真夏の白昼夢でもみたようだ。

 

Read Users' Comments (0)

カテゴリ三遊亭司の「日日是遊有」 | 2012. 08. 01. 16:33 |
三遊亭 司のプロフィール