組合からのお知らせ

おかげ様で組合創立100周年を迎えることができました。

理事長 鵜飼 良平 本日、ここに、東京都麺類協同組合創立100周年、東京都麺類生活衛生同業組合創立55周年の記念式典を開催致しました所、御来賓を始め、関係諸官庁、組合員とその家族、従業員、のれん会、関係各位多数のご臨席を賜わり盛大に挙行することが出来ました。誠に慶ばしく、心より感謝申し上げます。

 特に、本日この式典にあたり公務御多端の中、東京都知事、石原慎太郎先生を始め、自由民主党幹事長の石原伸晃先生、そのほか、国会議員、都議会多数の先生方にご臨席を賜わり、錦上花(きんじょうはな)を添えていただきました。本当にありがとうございます。

 

式典で式辞を述べる鵜飼理事長祝辞を頂きました東京都知事 石原慎太郎様

 また、日頃より何かと御協力を頂いております関係商社を始め、諸先生、諸先輩、役員、支部長、支部長の奥様、皆様にこの場をお借りし改めて御礼を申し上げます。その感謝の気持ちを些少でございますが、感謝状に記念品を添えさせて頂きました。ありがとうございます。

 

 本組合は、明治44年に創立され今日に至っております。数多くある業種の中で、一世紀の歳月を重ねた業種はそうあるとは思われません。今更言うまでもありませんが、その組合組織を現在まで継承出来たのも歴代の組合理事長と役員、組合員、皆様の英知による結束、そして団結に寄るものと信じます。
 現在、その組織のバトンを受け継いだ我々は、しっかりと受け止め次代に渡して行くのが私達の使命であります。宜しくお願い致します。

 さて、3月11日突然起きた宮城県沖の地震、大津波、そして福島の原発事故、政府与党を先頭に国を挙げて、その復興を目指し頑張ってはいるものの未だにその兆(きざ)しが見えません。被災された多くの方々は路頭に迷い続けているのです。一日も早い国の支援と共に復興を願うものです。
 我々業界もこの思わぬ震災による影響を受けているのです。近時の政治、政策の貧困による国民の動揺、それによる景気の低迷です。売上の低下、そして生活苦による廃業、脱退それによる組合員の著しい減少が続いているのです。組合としては、将来を見据え現在の厳しい経営環境を直視しつつ業界の体質強化を図って行かなければなりません。どうか組合員一人一人の絆を深め、麺類業界発展の為、一層のご理解、ご協力をお願い致します。
 結びに、組合員並びに関係各位のご隆盛と本日ご参集を頂いた皆様のご健勝を心より祈念申し上げ、式辞と致します。
祝賀会の様子

平成23年10月26日

東 京 都 麺 類 協 同 組 合  

東京都麺類生活衛生同業組合

理事長 鵜飼 良平

Read Users' Comments (0)

カテゴリ組合からのお知らせ | 2011. 11. 22. 01:36 |