第五回目「都内寄席巡り」

この『日日是遊有』タイトルにあるように、落語のなかの笑いは、実にふとした何気ない日常にあるもので、寄席に行くと、これまた実にさりげなく、365日毎日々々昼夜問わず落語を演芸を見聞きできる。
寄席の笑いは、よく「十年一日」と揶揄されるが、この「十年一日」がとんでもなく偉大で、よくよく聴けば、同じ噺でも一席たりとも同じ高座に出会うことはできない。

なんてなゴタクはおいといて、きょうはわたしたちの大切な場所、寄席をご案内ィ。

で、寄席。ヨセ。
寄席ってなぁに?と、いう方にカンタンに説明すると、常打ちの落語専門の劇場。
東京の寄席は、およそ210年ほどの歴史があり、最盛期には町内に一軒、都内に300軒ほどあったそうだ。その寄席も、やがて映画館になり、その映画館すら街から消え行き、寄席にいたっては、新宿末廣亭、上野鈴本演芸場、浅草演芸ホール、池袋演芸場の四軒のみ。

池袋演芸場

私事だが、98年3月31日、池袋演芸場で初高座。
だからというわけではないけれど、池袋演芸場は好きな寄席だ。
もちろん、四軒の寄席それぞれよさはあるのだが、席数100席弱の池袋演芸場はマイクを通さず地声で落語が出来るため演者とお客さんに一体感が生まれる、よりライヴ感があるというのだろうか。
ただ、平日の昼間、お客さんが少ないときなど、慣れない方は逆にドキッとするかも知れない。
中堅から若手を中心に持ち時間が長いところも魅力だろう。

 

鈴本演芸場初高座の翌年に見習いが明け、正式に前座修業がはじまったのが、上野の鈴本演芸場。
鈴本演芸場の客席は少し暗め、じっくり噺を愉しめるような番組が印象的な寄席であり、毎週日曜日の午前10時から、われわれ若手落語家が四人でで木戸銭500円の『早朝寄席』も愉しめる。
終演後、池之端の老舗をめぐるも、アメ横で安酒に酔うのも…。

鈴本演芸場と、場所柄対象的なのが浅草演芸ホール。
今月、スカイツリーもいよいよ開業を迎え、浅草もまた一段と賑わいを見せている。そんな場所柄もあって、観光客も多く、バラエティに富んだ明るい番組にどこか懐かしさ、も。
上野がアメ横なら、浅草にはホッピー通りなる賑やかな通りも…って、どうしても飲むほうにハナシがいってしまう。が、もう一軒ご案内。

新宿末廣亭四軒目は新宿末廣亭。
寄席を三軒まわり、新宿についたのは5時過ぎ。
ん?写真を撮るには暗いかな?と、思いきや、どうだろうこの雰囲気。
灯ともし頃というやつで、なんといってもこの風情がたまらない。
楽屋も楽屋で火鉢があったり、客席には桟敷席があったり、寄席って空間を隅々まで愉しめるところだ。この新宿末廣亭では毎週土曜日の21時半から早朝寄席同様の『深夜寄席』も、こちらも500で。

心が揺さぶられるような落語や演劇、映画もいいが、普段着の落語や演芸もたまにはどうだろう。

そんなところが、寄席の魅力。
肩の力を抜いて、ふらり、と。

演者も肩の力、抜いてますから。

 

Comments are closed.

        カテゴリ三遊亭司の「日日是遊有」 | 2012. 05. 07. 13:29 |