第二回目「初午?はつうま」

お稲荷さん二月の最初の午の日が初午。
火事 喧嘩 伊勢屋 稲荷に犬の糞と、江戸名物にあげられるなか、とりわけて商売屋であがめられるのがお稲荷さまで、そのご縁日が、初午。

ことさら、遊女三千人御免の場所、日に千両落ちたという吉原には街中に四カ所お社があった。
過日、その名残をもとめて歩いてみたが吉原神社に合祀されて跡形もない。
お稲荷さまのかわりに、弁天さまなら…まぁ、いいか。

三遊亭圓歌宅

大師匠圓歌宅にも棚と社があって、かつては賑々しく初午を祝ってたらしい。
なにしろ、『わたしたちの商売』、やることやったら、あとは神頼み。ただ、それだけ。

そんな想いでシャンと柏手を打つと、江戸の寒空が一瞬キリッとひきしまった。

 

 

Comments are closed.

        カテゴリ三遊亭司の「日日是遊有」 | 2012. 02. 01. 00:46 |