第二十七回「屋上遊園」

ただいま、と、声を掛けたくなる景色がある。東京生まれで、大田区から出た ことがわたしにとって、この街のなんでもない景色がふるさとそのものだ。

めっきり少なくなった、屋上遊園。

駅ビルの屋上遊園の、その小さな小さな観覧車に乗ると、蒲田の街が一望でき る。長い時間を過ごしてきた街である。現在の街を見下ろしているはずが、急に懐かしい気分になる。

この駅ビルの観覧車。3月2日で45年の歴史に幕をとじる。

 

Comments are closed.

        カテゴリ三遊亭司の「日日是遊有」 | 2014. 03. 01. 22:08 |